トップ / そして起きる3つの問題とは

相続放棄の手続きを学ぶ

そして起きる3つの問題とは

デメリットはプラスの相続権の喪失

相続放棄をすると、借金などのマイナスの相続権は無くなります。ですが、プラスの財産の相続権も無くなってしまいます。ですから、プラスの財産があるときは相続を放棄するかどうかよく考える必要があります。

相続放棄とは全ての財産の相続権を放棄するということになります。あの借金は要らないが、このお金は相続したいという個々に選ぶことは出来ません。これが1つめの問題点です。

2つめの問題点は、相続放棄をすると撤回ができなくなります。相続放棄は相続人が知らなかった借金などのマイナスの財産から相続人を守るためのルールですが、一度行うと元に戻すことができません。

ですから、借金が多くて相続放棄をしたが、あとになってプラスの財産が見つかったから、やっぱり相続したいと思ってもできないのです。これが相続放棄をしたときの問題の2つめです。

3つめの問題は、新たな相続人が出てくるということです。ご主人が亡くなって、あなたが相続放棄をしたら、次は親兄弟に相続権が移ります。これが新たな相続人です。

ご主人に借金などのマイナスの財産があったとき、あなたが相続を放棄したから全て解決ということにはなりません。債権者はご主人の親兄弟に返済を求めることができるようになります。

このような事態になると、親戚内でのトラブルに発展しますから、相続放棄するときは必ず次に相続権が移る方々にも連絡をし、マイナスの財産についても伝える必要があります。

このように相続放棄には思わぬデメリットがあります。
よくよく考えてご主人の財産を相続することをやめたのに、家族間の争いを避ける為に相続を放棄したのに、あなたが放棄したことで新たな問題が起きることもあります。相続放棄をする際は、これらのことも考えた上でよく検討する必要があります。