トップ / 期限が過ぎた場合には

相続放棄の手続きを学ぶ

期限が過ぎた場合には

相続放棄の手続きの期限は3ヶ月以内

相続放棄の手続きはご主人が亡くなってから、3ヶ月以内に申請する必要があります。ただ、相続人の事情によっては、3ヶ月を超えても相続の放棄を認めてもらえることがあります。

これは相続放棄が相続者の権利を守る法律であること、多くの方が亡くなった方の遺産の全てを知るのは簡単ではないことが理由としてあります。

裁判官だけでなく裁判所も相続放棄については、却下する明確な理由がない限りは申し立てを受理する物と解釈しています。

3ヶ月を超えても相続放棄が認められるには、いつ財産などがあるのを知ったか、ということが重要です。実際、多くの方が3ヶ月を超えてから相続放棄をしているようですし、受理されるケースも多くなっているようです。

資産にしても、負債に関しても、すぐに全て分かるということはありません。ですから、ご主人が亡くなった時から3ヶ月ということではなく、いつ、資産があると知ったか、また、負債がいつ分かったのかということが重要になります。

具体的には、見知らぬ会社から請求書が届いた。中を見たらご主人の借金に対する請求書だった。相続放棄の3ヶ月はこの時点から始まります。また、親戚から財産があると聞いたということも、いつ資産や負債があると知ったのかという起点になります。

相続放棄はご主人が亡くなってから3ヶ月以上経っても認めてもらうことができます、でも、あくまでも例外であるということです。ですから、資産や負債についてあなた知っていたと家庭裁判所が判断すれば、相続放棄は認めてもらえなくなります。

注意することは、ご主人宛に請求書が届いていたという時です。私には関係ないと捨てていても、このことで裁判所は負債があるとあなたも知っていたと判断することがあります。

相続放棄は亡くなった時だけでなく、負債や資産があると知った時でも申請をすることができます。3ヶ月を過ぎたのでもうできないと諦めることなくまずは申請してみるということが大切です。