トップ

相続放棄の手続きを学ぶ

相続放棄とはなにか

相続放棄とは借金から逃れる手続き

相続放棄をする場合、亡くなった方に借金などがあった。そのまま相続すると自分だけでなく子供たちにも負債を残してしまう。

このような時に相続をしないことを選ぶ手続きです。
相続放棄をすると、亡くなった方(被相続人と言います)との間に最初から相続権が無かったと法律上認められることになります。ただ、婚姻関係や親子の関係が無くなるということはなく、あくまでも相続に関しての関係が無くなるだけです。

連れ添ってきたご主人が亡くなった。相続する財産をよく調べてみたら、財産よりも借金などの負債の方が多かったということがあります。また、親戚との折り合いが悪く、相続権の争いが起こることが苦痛という心理的な負担を感じる場合もあります。

このような時、家族や親戚の間で、一切相続は致しませんと約束をすることがあります。
ですが、このような約束は法律的には何の効力もありません。ですから、借金があった時は返済の義務が生まれます。このことは意外と知らないことが多く、自分は一切相続していないのに、なぜ借金の返済を迫れるのだろうと悩んでいる方もたくさんおられます。

相続放棄はこのような約束とは違い、法律上も相続人でないことが認められます。
ですから、ご主人が残した借金の返済義務もなくなり、債権者から責められることもありません。また、親戚とのこのような話し合いの場に行きたくないという場合にも、相続放棄をしていれば気持ちの負担を感じることもなくなります。

ご主人が亡くなったら、妻や子供だけでなく、親兄弟にも相続の権利が生まれます。相続放棄をすれば、借金や家族間の争い等、全てのマイナスの負担から開放されます。

ただ、法律の事はよく分からない、うまく手続きができるか心配という時には弁護士に相談するほうが良いでしょう。1人でいくら悩んでも問題は解決しませんから、専門家の助言を得ることが大切です。相続の放棄について、弁護士にご相談されたい場合ならこちら。